【新型コロナショック】終息しらた必ず反発する銘柄・憧れの銘柄やっと購入出来ました!

投資関連

コロナウイルスが1日でも早く終息を願う柴犬です。

 

ついに東京都の感染者数が1日100人を超えてきました。ニュースなどで見る限り、かなり自粛が進んでいるように思われます。ですが、1部の心無き行動をとる人も見受けられるのも事実です。

東京のような大都市が完全に外出自粛するのは、非常に難しいのはわかりますがまったく気にせず普段と同じような行動をとるのもどうかと思います。

柴犬も関東に住んでいますが、昼間にニトリの前を通ると駐車場は満車になっているのを見かけました。メディアでは夜間のナイトクラブやキャバクラなどを名指しで自粛してください!と発信していますが、感染経路を特定できない原因の1つであって夜間に感染が多いわけではないと思います。

むしろ昼間の外出自粛要請をもっと徹底するべきではないでしょうか?

むかし良く聴いていたZeebraのメンバーも「小池さん、どうか公平な政策をお願いします」と訴えかけてました。確かに夜の仕事と昼の仕事を分けるのはフェアじゃないし、かつてはZeebraも六本木や渋谷のクラブを主戦場としていたからなおさらでしょうね。

そして、声が届いたかどうかは別としてバーやクラブなとにも支援金給付が決まりそうですね。ですが、税金を納めていない闇営業ちっくな所にも支援金が届いてしまうのでは?と、論議されています。いい解決方法が見つかるといいですね。

 

前置きが長くなりましたが、いつもの事なのでお許しを(笑)

コロナウイルスの影響で株価が暴落したからこそ割高だった銘柄が購入しやすくなっている状況が続いていますね。柴犬は2019年6月くらいから米国個別株をはじめました。ある程度株価が割高感がある状態でしたが、迷わず購入していったため現在かなりの損害を受けています。あんだけ下がれば当たり前ですが・・・(笑)

そんな中ある銘柄を購入する事がやっと出来ました。

ウォルト・ディズニー(DIS)です。

以前からずっと欲しかった銘柄の1つですが、かなり割高感があり手を出しづらい状況が続いていました。いい株価まで下がったので30株ほど購入する事が出来ました。

柴犬はもってもいない銘柄(DIS)の記事を書きまくっていましたが、これでようやく胸を張ってウォルトディズニーの記事と書く事が出来ます。なんせウォルトディズニーの株主ですからね(笑)

なぜウォルトディズニー(DIS)が欲しかったのか?

そんなの簡単な話しじゃないですか?

大人も現実逃避出来る夢の世界ですよ?

柴犬が産まれる前からある東京ディズニーランドは、開園当初から現在まで入場者数は右肩上がりです。そして何より年間パスポートを購入して1年間に何十回も行く強者がたくさんいるという事、それくらいリピーター率が高いディズニーランドは永久に不滅と考えました。よって世界に展開しているウォルトディズニー(DIS)の株を保有する事は必然だと思いました。

※豆知識※柴犬のまわりにも東京ディズニーランドの年間パスポートを保有している人がいます。彼らは、いかにお金を使わずディズニーランドを最大限楽しむかを競い合っています(一部)年間で50回くらいディズニーランドに行くらしいので、1回にたくさんお金を使ってしまうと破産すると言っていましたw夢の国にハマって破産は笑えない(夢から覚める)

そして、もう1つウォルトディズニー(DIS)が欲しくなった理由としてDisney+の存在です。

ウォルトディズニーの収益の柱は誰もが知っているテーマパーク部門やスタジオ部門(映画)によるものが大きいですが、ストリーミング市場に参入した事により収益の更に太くなるのでは?と考えました。

この記事たちは、ウォルトディズニーの株を持ってもいないのにドヤ顔で書いた記事ですw

結果論にはなりますが、現在コロナウイルスによる外出自粛要請や外出禁止命令が出ている事により、自宅でディズニーの映画を見る機会が増えるのでは?と思いました。現に柴犬は毎日海外ドラマを観ています(アマゾンプライム)←そこはDisney+やろw

とにかくウォルトディズニーは魅力的な会社

新型コロナウイルスの影響により、全世界でディズニーランドが閉館となっています。もちろんそれに関わる人達の給料にも影響が出ています。

あなたの会社は自粛要請でお休みになっていませんか?給料はどうなっていますか?不安はありませんか?会社は適切な対応をとってくれていますか?

色々な不安材料しかありませんね。もし、あなたの会社がこんな対応をとってくれたら働いていてよかった!って思いませんか?

先日CEOから取締役会会長となったウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガー氏は、今年1年間の給与を辞退し、また現CEOのボブ・チャペック氏は給与を50%削減するようだ。また、4月5日(日)より日本の部長クラスに当たる副社長などの幹部は20%の削減、上級副社長は25%、さらに代表取締役副社長については30%の給与削減を実施する予定だ。

新型コロナウイルスの感染拡大防止を鑑み、世界中のディズニー・パーク、ならびに大ヒットが期待される『ムーラン』やディズニー/ピクサー作品の『2分の1の魔法』などの新作映画の公開延期を実施しているウォルト・ディズニー・カンパニーは、未曾有の経済的な悪影響を受けていることが伝えられている。また現CEOのチャペック氏は、今後さらに大きな悪影響が生じることも懸念している。

現取締役会会長のアイガー氏は、CEOだった昨年時点で4,800万ドルの報酬を受け取っており、また現CEOのチャペック氏は先日の昇進にあたり、250万ドルの給与に加え、2,250万ドルの特別手当を受けている。削減された給与は4月18日(土)までの間、全世界の時間給従業員のために分配される予定だ。

※Qetic(けてぃっく)より引用

自分の身を削って全世界の時間給従業員のために分配なんて、とても素晴らしいじゃないですか。なかなかこんな会社はないと思います。

おわりに

色々なブログでウォルトディズニー(DIS)の銘柄分析に関する記事がありますが、柴犬はそれらを見て投資したいと思ったというより、上記に長々と書いた事により投資を決意した方が大きかったです。もちろん数字上の事は非常に大事だと思いますが、それ以上に数字では表しきれない魅力を感じます

まー柴犬も銘柄分析とかの記事を書いてみたいですが、ただ表をみて数字を入れて、ちょちょっと個人的な感想を入れる事くらいしか出来ないし、頭がいいわけではないのでほぼやりません。みなさんの記事を読む方がよっぽどわかりやすいので(笑)

 

長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございます。

 

 

 

徐々にランキング上昇中?
あなたの応援が更なるランキング上昇につながります!!!

ってことで、米国株バナーをポチっとお願いします!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました