【悲報】夢の国ディズニーランドが日本も米国も値上げ!いよいよ富裕層だけの楽しみになるのか?

雑記などなど

嬉しい出来事があった柴犬です。

なんとブログ村内の『株ブログ・米国株』カテゴリーの注目記事で1,2位を瞬間的にですが独占できました!

これの何処が凄いって注目記事の右上をみて頂けるとわかるのですが、14日と15日の2日間にわたっての出来事なんですよ。1日数記事更新していれば狙える事も可能だと思いますが、前日の記事が頑張って粘っていたおかげで、このような1、2フィニッシュを決める事ができました。

読んで頂いた皆様のおかげです。ありがとうございます。

 

では、本題に入ります。

2020年4月からオリエンタルランド(4661)は東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの入園料(一部を)を値上げする事を発表しました。

値上げを実施するのは1日券や年間パスポートなどが対象で、大人の1日券の値上げ幅は700円で8,200円、年間パスポートは6,000円の値上げで6万8,000円となります。(大人や中高年のチケットのみで4~11歳向けは値上げせず据え置きとなります)

1つ勉強になったのですが、投資信託で買われている株の株主優待ってどうなっているのかな!?疑問に思っていたのですが解決しました。

投資信託協会によると、「投資信託に組み入れている銘柄の株主優待物等について、換金できる優待物はできるだけ換金をして、基準価額に反映する」

そうですよね!?もし換金等をしてなかったら、株主優待であふれかえっちゃいますよね(笑)初心者柴犬の疑問でしたw

少しそれてしまいましたが、米国のディズニーランドも値上げを発表しました。

繁忙期のワンデーパス(1日券)の価格が200ドルを突破する事になり、前回の価格改定から13ヵ月前ぶりの値上げとなります。

10億ドルの費用を投じて建設された「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のオープンと同時に行われました。

米国のディズニーランドは日程ごとに5段階の料金設定となる1日あたりの料金は最低104ドルで繁忙期は209ドルになります。

今回の値上げで通年パスも値上げされていて、比較的安いセレクトパスは399ドルから419ドルになり、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドでも利用できるプレミアムパスは1949ドルから2199ドルに値上げされました。

列に並ばずに乗り物にアクセスできるデジタル予約システムMaxPassの料金も、1日あたり15ドルから20ドルに上昇した。

どんどん値段があがり世間では、こんな声も出ています。

 

富裕層しか夢の国へ行けないのでは?

 

家族5人・6人で行く事も考えてほしい!

 

入園料以外にも地方から来る場合は交通費だってバカにならないんだよ?

 

と、否定的な意見が目立つなかでこんな意見も見受けられます。

 

1万円以内で夢を見ている気分にさせてくれるなら安いもんだ!

 

値段設定を高くした方が、ガラの悪い客が減って助かる!

 

キャストのパフォーマンスを考えると1万でも安いもんだ!

 

それでも安いと思える意見も結構あることがわかります。

 

皆さんはどう思いますか?柴犬はディズニーシーは何年か前に行った事があるのですが、ディズニーランドは2歳の時に行ったっきり、そのあと行ってませんw(まったく覚えていません)

 

よし、おなごでも捕まえてみんなでディズニーランドへ行こうじゃないかwww

 

 

プーさん・ダッフィーが好きな方は、米国株バナーをポチっと
お願い致します。

それより、白竜・小沢仁志が好きな方は柴犬と一緒ですwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました