【超絶朗報】JRAも温暖化緩和に貢献!サラブレットの寝床が電力を生む

雑記などなど

はじめて転職サイトを覗いてみた柴犬です。

皆さんもご存知の通り柴犬の会社は超絶ブラック企業です。もう30代中盤を迎えていますが
今年は転職にも目を向けていこうかと思っています。
実際調べてみると出てくる出てくる、今の会社より条件がいいところ(笑)
もっと若い年齢の時から探すべきでしたね・・・後悔しかありません・・・
なので、実際転職するかは別としても視野に入れながらもうすこし検討していきたいと思います。

 

本題ですが柴犬にとって大変嬉しいニュースがありました。
(柴犬は無類の競馬好きですw昔よりは熱は冷めましたが)

なんとJRA(日本中央競馬会)が地球温暖化の緩和に貢献しているようです。

2019年11月から栗東トレーニングセンターでサラブレットの寝床に使った木くずや稲わら
利用して発電をするという取組みです。(バイオマス発電)
一応名目は地球温暖化緩和対策ですが、余った電力は売電収入としての見込みもある。
年間で売電収入は数千万になるみたいだが、このバイオマス発電を利用すれば栗東トレーニングセンターの全電力も賄えるのもちろんの事、売電収入も見込めるというすぐれたプロジェクトだと思います。

バイオマス発電のプロジェクト総工費は36億円で、1日に処理できるのは58.5トンにも及ぶ。
栗東トレーニングセンターから排出される木くず・稲わらは1日55トンであることから、バイオマス発電でほぼすべての処理を賄える事になる。

このバイオマス発電に切り替わる以前は堆肥にして販売していたが、取引先の契約のキャンセルなどが相次ぎ不安定な販売状況になっていました。
もちろん匂いなどの問題もあったため、このバイオマス発電はまさに画期的な処理方法ともいえるでしょう。

JRAはきっと10年単位にはなってはくるが、プロジェクト総工費分を全て回収し経費削減+収入源の確保の方向性を確立させました。

なおこの計画は美浦トレーニングセンターにも2023年に導入予定とされています。

 

ちなみに柴犬の大好きな競走馬はオルフェーヴルです!(引退しましたが・・・)
引退レースの有馬記念は単勝に10万ぶち込みテレビの前で男泣きしたのは良き思い出です(笑)

 

 

 

父ステイゴールド・母オリエンタルアート
三冠馬オルフェーヴル

 

 

競馬好きにしか興味がない話しじゃねぇかよ!?
と、思った方!ブログ村の米国株バナーをポチっとお願いします。
いやいや、いい取組みやないかorおれも競馬好きやで!って方も
米国株バナーをポチっとしてくれると嬉しいです(*’▽’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました