スポンサーリンク

【朗報】NY株価高値更新中・だが危険はそこまで来てる?フルインベストメントが危険な理由

投資関連
スポンサーリンク
全力投球は努力だけ

1年半振りに、連休をとった柴犬です。
世の中の皆さん、ブラック企業に「働き方改革」はありません。
2連休プチ旅行に行ってきたぜ~お金は貯めるのも大事だが使うのも大事。


さて、NY株式市場は小幅ながらも再び最高値を更新しています。全体的に売り買いが
交錯していましたが、ダウを構成する航空会社ボーイングの株価が大幅に値上がり。
ダウを押し上げた形になりました。

現在のNY株式市場ですが、株価が最高値を更新しまくってフルインベストメントしたくなる
気持ちもわかりますが、ここは一旦我に返ってください!!フルインベストメントが危険な
理由をいくつか紹介していきます。まぁ~高値で買うのは勇気がいりますが・・・

スポンサーリンク

下落相場での買い増し余力がなくなる

フルインベストメントとは?
※保有するほとんどの資産を株式などで運用する事です

アメリカを代表する株価指数S&P500のチャートは堅調に右肩あがりです。
ですが、10~20年に1度必ず株価が暴落すると言われています。
特に今のアメリカ株式市場は相場の過熱感があり、実際の評価額より買われすぎている
場合は、特に注意した方がよいでしょう。

投資方針にもよりますが、バイ・アンド・ホールドを基本としフルインベストメントで
買い付けている場合、下落相場の影響を受け株価が戻るまで何十年とかかる場合が
あります(戻らない場合もある)更に、下落相場で株価が下がった時に買い増す余力が
なくなります

なぜ株価が下がった時に買い増しをするかと言うと現在保有している平均取得価格より
下がった株価で買い増す事により平均取得価格が下げる効果があります。
これにより、次の上昇相場になった時の添加剤の役割を果たすのです


ある程度過剰資金を持っている事が長く相場にいる秘訣かもしれません。

スポンサーリンク

急な出費に対応出来ない

こちらは、容易に想像ができますね(笑)

手持ちの資金が少ないと、買い増ししたい銘柄は愚か生活にすら支障がでてきます。

例えば、気になるあの子といい感じになって・・・
※柴犬の事ではありません

「これ欲しいなぁ~」って言われた場合、すぐに対応出来ない可能性があります。

ここで、1つの提案です。

そんなに親しくない間柄で、物をせびってくる女は完全に損切りしましょう(笑)
※何の為の例え話しだったかは、聞かないように

やはり、生活をしながら投資を続けていく場合は生活防衛費は大事です。

この、生活防衛費は人により見解が事なります。

柴犬はギリギリ5ヶ月は生活できるお金を生活防衛費としています。
まぁ~柴犬は独身っていうのもあるので、5ヶ月分くらいの目安で良いかなと
思っています。これが、家族がいる方なら最低でも1年分くらいは必要になると
思います。
この目安の金額はその人の置かれている状況や環境により事なるとゆう事です。

スポンサーリンク

心の余裕がなくなる

手元に現金(過剰資金)がないと、不安になりますよね!?
これは、投資をやっているとかやっていないとか関係なくギリギリに追い詰められた
状態になります。

柴犬の知っている人で、同じ30代のはずなのに給料が入ると約20日で使い切り
残りの10日間は死ぬほど苦しい生活に明けくれている人を知っています。

その人はいつも切羽詰まった表情をしていまが、最初の20日間と残りの10日間では
更に表情が違います。たぶん使えるお金が表情に出ているのだと思います。
すげ~確率でお金がな無い状態を柴犬は見抜けるようになりました(笑)

そんな時は職場で配られる賞味期限の切れたカップラーメンなどをあげて
とりあえず、生き抜いてもらいます(笑)

フルインベストメントの人達は、実際にお金がないのではありません。
現金を金融資産(株式)などに変えた場合、それは使える資産から除外されるのです
たぶん、ほとんどの方がこの心理状態になると思います。換金するのも手間ですからね(笑)

やはり相場の状況に臨機応変に立ち回れるよう一定の現金は大事だと思います。

スポンサーリンク

まとめ


フルインベストメントは悪いものではありません。
安定した収入がある会社員は、むしろ向いているかもしれません。

ですが、もしもの時を考えるとやはり一定の現金は最強になると思います。
現金が多くなるようであれば債権に逃がすのも1つの手ですが、最近の流行で言えば
クラウドバ・・・とは言えません(笑)

何事もバランスが大事だと思います。




そんな柴犬に清き一票をお願いします(`・ω・´)ゞ

ポチっと押してくれるとモチベーション爆上げなり(*´▽`*)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資関連
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました