スポンサーリンク

【ビットコイン】いまさら聞けない仮想通貨とは何か?あなたは理解しちょるかい?

投資関連
スポンサーリンク

この頃まったく美味しいラーメン屋に巡り会えない柴犬です。

転勤で見知らぬ土地に飛ばされ途方に暮れています。ラーメン大好きな
柴犬は良いお店に巡り合うまでは、ラーメン花月で我慢します(笑)
※おすすめトッピングはほうれん草

最近、同僚からもビットコインをバカ買いする話題を聞くしニュースでも
取り上げられる事が多い仮想通貨ですが、柴犬も実際仮想通貨がどんなものなのか
詳しくはわかりません。
相場が荒いという事は知っているが、投資の対象としてみた事がないので調べても
いなかったです。

そんな柴犬は自らの勉強も兼ねて記事にしちゃいました(笑)
簡単にまとめてみたのでよろしければどうぞ(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

仮想通貨とは何か?

まずは理解しよ

仮想通貨とは、一般的にはネットワーク上で電子的な決済として広く流通しているが
法定通貨との比較において強制通用力を持たない。
または特定の国家による裏付けがないものをいう。ただし、後述のように定義や分類は
必ずしも一様ではなく複数存在する。
仮想通貨といわゆるネットクーポンや電子マネー等とは、決済の限定性(片方向性)や
限定的な流通性・汎用性で区別される。
ただし、デジタル通貨と同様の意味でこれらを包含した用法とする場合もある。

Wikipedia参照

上記の説明だと微妙に分かりにくいですよね。

柴犬の頭に入る言葉に省略すると・・・

『実態のないデータ上のお金』

『新しいお金の単位になりえる』

『ブロックチェーンという技術により管理されている』

この3つを覚えておけば良いでしょう。
※注※実際に仮想通貨に投資するならもっと詳しく勉強しましょう

仮想通貨のメリット

良い事もある


安く速く送金が出来る

お金を誰かに送金しようとした時に、銀行を経由して送金するのを想像すると思います。
送金をする際の金額や休日などの要素が組み合わさると高い手数料がとられる可能性が
あります。特に海外に国際送金をする時は更に高い手数料がとられます。
【例】
銀行経由(日本円)
(例)日本→フィリピンに送金 10万円 約手数料2000円
仮想通貨(取引所経由)
(例)日本→フィリピンに送金 10万円 ほぼ無料
方法によっては着金するまでの時間が数日かかる事もあるが、仮想通貨の場合は
数時間での着金を可能とする。
※現在はネット銀行からの海外送金は着金まで最短数時間に短縮

取引における柔軟性がある

「投資・取引き」と聞くと、株・為替FXなどをイメージすると思います。
仮想通貨には、大きいボラティリティ(値動き)があります。
ハイリスク、ハイリターンとは、正にこの事です。

仮想通貨人気の1つにボラティリティが大きいと言うのもありますが
もう1つあげると取引き時間なども人気の理由です。

例えば、株などは証券取引所が開いている時間平日の午後までですが
仮想通貨は24時間・365日いつでも取引き可能です。もちろん各取引所のメンテナンス
時間はありますが、ほぼ好きな時にいつでも出来るでしょう。
なので、仕事が終わってから空いた時間で取引きに参加することも出来ます。

仮想通貨の将来性

10年後・20年後の未来は現金を持つ人がかなり減っているかも知れません。
全ての決済が仮想通貨によるものに変わっている事も・・・うん、無くはない
更に、柴犬の給料が仮想通貨で支払われる事もあるかも・・・さすがに無いな(笑)

例えば、Facebookが発案した仮想通貨「リブラ」。色々な議論がされていますが
もし、リブラが普及すれば仮想通貨に革命が起きるでしょう。
Facebookは世界で20億人以上が使っているSNSサービスです。とっても身近な
ものになる可能性があります。
このリブラをめぐってはアメリカを始めとする各国が議論していますね。

仮想通貨のデメリット

悪い事もある

マネーロンダリング(資金洗浄)の危険

マネーロンダリング(資金洗浄)とは不正に得た資金を色々な闇ルートを経由して
転送を繰り返し出所をわからなくする事です。
仮想通貨は口座から口座への転送が簡単にできます。もちろん海外の口座にも同じ事が
言えるので、マネーロンダリング危険性があるとわかります。知らず知らずのうちに
マネーロンダリングに加わっている可能性がないとも言い切れません。

先程も述べたように、Facebookが考案しているリブラは20億人が対象になる可能性が
あり、いくら優れたチャック機能があるとは言え、隅々までの監視は厳しくなると
思います。こういった懸念事項がクリアされるまでは、リブラは出回らないと思っています。

税金

仮想通貨で売買をし利益がでた場合は「雑所得」として課税対象になります。
年間20万円を超えた場合は申告が必要です。
雑所得は累進課税なので所得が増えれば増えるほど税金が高くなり最大で
45%の税金がかかります。
【例】
利益4000万円×45%-479万6千円(控除額)=1320万4千円
住民税4000万円×10%=400万円
合計1720万4千円

税金とられすぎwww

ハッキングの可能性

過去の事例で取引所を狙ったハッキングのほぼ全てが、取引所内にある多額の仮想通貨が
ハッカーの手により何処か別の場所に移動されてしまって何処にあるのかが分からなく
なってしまったというものです。
海外ではバイナンスやビットフィネックス、国内ではコインチェックやザイフなどが
過去にハッキングの被害に合っています。

終わりに・・・

未来は誰にもわからない

【ビットコイン】いまさら聞けない仮想通貨とは何か?あなたは理解しちょるかい?

どうでしたか?

柴犬は自分で書いててとても勉強になっちゃいました(笑)

少なからず現段階では、仮想通貨とは何か?が、ざっくり理解していれば
柴犬は自身はOKだと思っています。

やはり、投資の対象にするの危険な香りしかない。

でも、記事にも書きましたが10年先や20年先の未来は仮想通貨であふれているかも
知れません。

誰にも未来はわからない。

もしそうなるなら・・・

その時はその時で考えます(笑)



長々お付き合い頂きありがとうございます(´・ω・`)

★★★ランキング参加中★★★

ポチっと押して下さると柴犬感謝なり(`・ω・´)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資関連雑記などなど
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました