スポンサーリンク

消費税10%やぞ?商品購入の1割やぞ?

経済関連
スポンサーリンク

柴犬です🐕

最近仕事が忙しくて中々ブログが更新出来ませんでした。
相変わらずブラック企業勤めなもので・・・(笑)

2019年10月から消費税が8%から10%に変わります。
柴犬の職業は、食品関係物流業なので増税はあまり関係ないはずですが
駆込み需用の相乗効果として、食品関係もバカ売れです(笑)
おかげ様で毎日残業の日々です、ホントいい迷惑(笑)
※増税関係なく毎日残業していますが・・・

そんな柴犬は今更ながらですが、自分の知識の為にも
消費税増税に関して簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

消費税はなぜ誕生したのか?

消費税が導入される前は、日本の税収は主に所得税がメインでした。
しかし、社会構造の変化やサービス・消費の多様化により
所得に応じて課税する所得税は時代遅れの制度面での課題が目立ち
税制の不均衡が問題視されるようになった。
そこで所得に関係なく、消費活動に対して全員が等しく課税する消費税が導入されました。
消費税は、所得状況とは無関係に課税されますから、働き手が少なくなっても
税収が安定します。そして、年金や福祉に関する財源とした目的税として
消費税が導入され、人口の高齢化が進行するとともにその税額が引き上げられていきました。
実際はそれでもまかなえていないのが事実ですが・・・

消費税10%の時代へ

2019年10月1日から、ついに消費税が2桁の10%になります。
消費税は1989年4月から導入され最初は3%でした。
1997年に5%、2014年に8%、そして2019年10月に10%へと、変わっていきました。

だんだん消費税があがるペースが速くなってきていますよね(笑)
柴犬の親の世代は消費税がない時代を生き抜いていたんだね。

さすがに何かを購入した時に全ての物に対して1割の税金がかかると
国民の生活負担が大きくなる事や、消費の落込みにつながりかねないので
日本政府は2つの制度をたてました。(軽減税率・キャッシュレスなど)
詳細は下記をごらんくださいまし↓↓↓

軽減税率

軽減税率とは特定の対象品について消費税の負担を軽くする制度です。
主な対象は飲食料品です。

【軽減税率対象品8%】

精米・精肉・鮮魚・野菜・食用氷
ミネラルウォーター・ノンアリコールビール
甘酒・みりん風調味料(アルコール分1%未満)
テイクアウト・出前・学校給食
週2回以上発行される新聞

【消費税10%】

家畜用動物・観賞用の魚・保存用氷・ドライアイス
水道水・酒類(ビール・ワイン・日本酒・みりん・)
レストラン・出張料理・屋台
社員食堂・学生食堂・ホテルのルームサービス
電子版の新聞・コンビニなどで販売されている新聞


実に、境界線が難しいです(笑)

同じ品目でも、店内で食べるのと持ち帰りで消費税が違うとか
すごいややこしいですね。

大手マクドナルドは、店内で食べるものと・テイクアウトするもの
両方が同じ値段で提供すると発表していました。
※1部の商品は値上がりするみたいですが・・詳しくはマクドナルドホームページ参照

キャッシュレス・消費者還元事業

消費税増税と同じタイミングで経済産業省は期間限定で
キャッシュレス・消費者還元事業を2019年10月~2020年6月30日まで実施します。
増税による消費の落込みを軽減させる為です。
この期間中にキャッシュレス決済を行うと2%~5%がポイント還元される。
※ 店舗側で申請をし、この事業への参加を認められた加盟店に限る

事業者・店舗には、キャッシュレス対応機器の導入について、補助金が支給されます。
クレジットカード対応のレジに入れ替えた場合、機器類の代金と設置費用を国と
決済事業者が負担してくれ、実質0円での導入ができます。
期間中の決済手数料は3%台と低く抑えられますから
導入・運用のコストをあまり気にせず、キャッシュレス決済サービスを
取り入れることができます。

増税後のマイホーム購入は場合によりありかな・・・

マイホームの購入負担を軽くする「すまい給付金」制度

住宅を購入すると現金をもらえる制度として「すまい給付金」があります。
この制度は、消費税率が5%から8%に引き上げられた2014年4月に国土交通省によって
創設されたました。増税によって住宅購入の駆け込み需要が増えることと
その後の反動減を抑えるために、住宅ローン控除の最大控除額が拡充されましたが
2019年の消費税増税後もこの制度は継続されます。
更に、もらえる額は年収などによって異なりますが、これまで最高30万円だったところが
10%の消費税が適用される住宅の場合は給付額は、最大50万円が給付されるようになりました。

  1. 消費税率8%のときの収入額の目安が510万円以下の人は、最大30万円給付
  2. 消費税率10%のときの収入額の目安が775万円以下の人は、最大50万円給付

マイホームの購入で消費税が課税されるのは新築の建物部分のみ。
中古住宅は消費税の課税対象となりませんし、土地の取得にも消費税はかかりません。
※給付金制度は2021年12月31日までに引き渡し・入居した住宅が対象となりそれを
過ぎると給付金が貰えなくなるので注意

詳しくはこちらをどうぞ→すまい給付金

まとめ

消費税はこの先もあがっていくでしょう。いずれ20%もありえる!
国が決めた事は、われわれ一般市民には覆す事は出来ないため受け入れるしか
ありません。
よって、きちんとした知識をつけなければなりません。
(キャッシュレス決済・すまい給付金など)
いざという時に正しい決断に導かれる可能性が高くなります。

給料は上がらず、税金だけが上がっていくのはとても大変な事ですね。
貯金も大事ですが、やはり投資も大事だってことですね。
キャッシュレスの普及で、ビザやマスターカード株価には注目ですね☆

あ~・・・

その辺に2000万落ちてないかな・・・(笑)

そんな柴犬に清き1票をお願い致します(‘◇’)ゞ

★★★ランキング参加中★★★

ポチっと押して下さると柴犬感謝なり(`・ω・´)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

経済関連
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました