スポンサーリンク

【重要】某ファイナンシャルプランナーに騙されるな

雑記などなど
スポンサーリンク

柴犬です。


「60歳・貯蓄ゼロ」でも年金で一生安心を得る方法

某ファイナンシャルプランナーが書いた記事があったのでブログにしました。


結論から言うと・・・


答えは・・・


半分ホントで半分噓です


まぁ~バカの柴犬が噓と言い切るのもおかしいですが
メディアで発言力のあるファイナンシャルプランナー
そんな事を言っていいのか?と思いましたね。

某ファイナンシャルプランナーいわく5つのステップがあるみたいです。

スポンサーリンク

①60歳までに住宅ローンを返済すること

60歳までに住宅ローンを返済するには、単純計算で30歳の時に購入することに
なります。もしくは、30代で購入して60歳を超えて支払いがある場合は
繰り上げ返済に努める事になります。
逆算していくと、ある程度の貯蓄を20代から考え実践し頭金+余裕資金を
抱えた状態で住宅の購入をしている事になります。

果たして、そんなに人生設計って上手くいくものなんでしょうか?

20代から住宅購入への資金&60歳に住宅ローンを返済し終わるビジョンが出来ているなら
「60歳・貯蓄ゼロ」の状態にそもそもならない気がしますよね?(笑)
そのプロセスがしっかり出来ていないからこそ、今こうゆう記事が出ていると思います。

30代男性の平均年収は約495万、手取りは約30万くらいです。
もちろん平均的な数字なので、これより高い人・低い人がいます。

人生設計を考える中で、働き盛りと言われる30代をどう過ごすか(貯蓄・投資)
に、よりその後の40代・50代・60代の生き方が、がらっと変わります。

若い頃から、貯蓄や投資できる環境に恵まれていれば平気ですが
何も考えずに生きてくると完全にアウトです。

②子供は自立させる

結婚して子供がいる場合の事ですが、この意見には賛成ですね。

「自立せず親の脛をかじり続ける子供も老後の足かせ。かわいいあまりに甘やかして
自立させずにいると、年金生活になったとたんに共倒れになります。経済的に子供を
きちんと自立させることは、最低限の親の務め。親に先立たれたときの子供のためでも
あります」※某ファイナンシャルプランナーの言葉

確かに、柴犬もそう思います。

ただ、柴犬の友人で自宅に引きこもりのやつがいます。
その友人は専門学校卒業後、わりと大手の会社に就職しました。
まっていたのは、大手とは名ばかりの現実。
新入社員に連休はなく、週休1日で毎月の残業時間が200時間を超えていました。
そんな日が1年半くらいつづいた時の事です。
体調を崩して寝込んでしまい、そのままうつ病になってしまいました。
その友人の両親は共に60歳を超えています。
なんとか自立してもらおうと頑張っていますが、まだまだ難しそうです。

某ファイナンシャルプランナーの方にもこうゆう現実がある事を
知ってもらいたいですね。

③60歳になったら、月の支出を30万円にする

この項目が1番おかしいと思いました。

「近年、政府の方針で定年延長するなど60~65歳の雇用を受け入れる企業が増えています
ただ雇用の延長や再雇用の際、ほとんどの人が収入が半減します。これを冷静に受け入れ
生活水準を見直さないといけません。具体的には、月30万。年間360万円でやりくりするのが
理想。最初は厳しいかもしれませんが、贅沢しなければ十分にくらしていける水準。
夫婦で家計簿を見ながら、支出の見直しをしてください」
※某ファイナンシャルプランナーの言葉

共働きの既婚世帯の平均年金受給額は¥258,697です。
月30万で生活したら、毎月5万円足りません。
だから、世間は2,000万円問題として騒いでるんじゃ~(笑)

④年金受給は70歳まで繰り下げる

「年金は65歳になったら受け取るものと考えている人がほとんど。これを70歳から
受給するようにすれば、年金の受給額が42%増額されるんです。これを利用する事が
安心した老後を過ごすために重要なポイント。以下省略・・・・」
※某ファイナンシャルプランナーの言葉

この説明から見えるものは、とにかく70歳までは働けということです。
確かに今の60歳は若いです、ただ収入は半分だし定年退職をした方が
他の就職先やアルバイトを見つけるのは至難のわざです。

柴犬は今の会社で、人事担当をしています。
アルバイトの新規採用基準で59歳以下の方と社内の取り決めがあります。
柴犬の会社は古い考えなので60歳以上の方の新規採用はしません。
世の中にもこういった企業はいくらでもあると思います。

少し簡単に考えすぎでは?と、思います。

⑤夫は70歳・妻は65歳まで働く

「今の60歳は若い。職場を選ばなければ70歳まで十分働けます。65歳からの5年間の
厚生年金が加算されれば、頑張って働いた分、年金額も増える一石二鳥」
※某ファイナンシャルプランナーの言葉

ここまでくると呆れてきます(笑)
厚生年金が加算されればと書いていますが、厚生年金が加算される=フルタイム勤務
に、近い労働をしなくてはならないということです。

柴犬の職場でも、60歳以上の方はいます。
60歳を過ぎたあたりから徐々に出勤日数を減らしたり、労働時間を減らしたり
しています。身体がきついんです!!

職場を選ばなければ!と言っていますが選ばないと大体肉体労働です。
肉体労働は60歳を超えてからはきついんです!

終わりに・・・

柴犬が何が言いたいかと言うと
『発言力がある人が簡単にこんな事を言ってはいけない』と思うんですよ!
それを信じた人がいざ、60歳超えて働けなくなったり雇用の場がなかったら
どうするんだろ?と思ってしまいます。

1つ言えるのは、若いうちからの資産形成が非常に大事ってことです。


★★★ランキング参加中★★★

ポチっと押して下さると柴犬感謝なり(`・ω・´)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

雑記などなど
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました