スポンサーリンク

初心者が投資をするタイミング・種類などを考える

投資関連
スポンサーリンク



柴犬です。

株式・投資信託を購入するタイミングは非常に難しいです。
素人には相場の底値はわかりません。いや、素人じゃなくても誰にもわかりません。
もちろん、過去のデータや経済の状況から予測は出来るかもしれませんが完璧には
解らないものです。

ここでは、投資をするタイミングや種類・手法などを考えていきます。

スポンサーリンク

ドルコスト平均法を使う

積立て投資の基本として、金融庁などもおすすめしている買い付け方法です。

ドルコスト平均法とは・・・

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。
金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に
継続して投資する。
「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」
という手法。
高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが
数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。
価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため
単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。
価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。
長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。
上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり
収益を減少させてしまう欠点もある。
タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で
ハイリターンを目指す投資には向かない。(Wikipedia参照)

相場の上げ下げに関係なく積立てるので、初心者でも安心して出来る
手法になっています。

※つみたてNISAなどはこの手法です。
※つみたてNISAのおすすめはこちら → 【必見】つみたてNISAは楽天証券で決まり

しばけん
しばけん

しばけんも、つみたてNISAをやってるよ

分散投資

分散投資とは、投資対象をいくつかに分散して投資する手法です。

例えば・・・

100万円を投資します

40万円 → 株式 → 4銘柄10万円づつ
30万円 → 金
20万円 → 債券
10万円 → 現金

このように、分散しておけば株式の価格が半分になったとしても金の価格が上がって
いるかもしれないし、株式が下がっている時に現金で買い増す事も可能です。
株式だけに投資していた場合、価格が半分になればもちろん資産も半分になって
しまいます。出来るだけ安全な配分(ポートフォリオ)を心がけるのが懸命です。

分散投資のメリット・・・


☆1つの投資対象が下落しても、他の投資対象が上がっている可能性がある
☆分散の仕方によっては、下げ相場に強い

分散投資のメリット・・・

★投資資金を分散しているので1つ1つの利益が小さくなる
★上げ相場時に分散投資のため資産の上げ幅が少ない

しばけん
しばけん

しばけんも、分散投資を心掛けているよ

集中投資

集中投資とは分散投資の対義語でもあり、その名の通り1つの投資対象に集中投資することです。
極めてリスクは高いが、得られるリターンも大きいです。

例えば・・・

株価¥1,000の株を1,000株買うとします。
株価¥2,000になれば資産も2倍になります。
株価¥500になれば資産も半分になります。

これは、100万円の話しだからインパクトがないですが
とある個人投資家さんは、マイクロソフト株のみ億単位で持っていたりします。

集中投資のメリットは・・・

☆少ない資金でも大きな利益があがる可能性がある
☆投資対象の分析がしやすい
☆リターンの最大化が狙える

集中投資のデメリット・・・

★投資対象の価格が下落した時の対応(判断)が難しい
★投資対象の価格が半分になれば資産も半分
★投資対象の選定が難しい

しばけん
しばけん

ほんとは、全額ビザ株にぶち込んでやりたいよ(笑)

最後に・・・

人それぞれ取り巻く環境で変わっていきます。
投資目的年齢年収貯金額リスク許容度 などを考え
自分に合ったポートフォリオをデザインしましょう。

しばけん
しばけん

メンタルが弱いので分散・ドルコスト平均法で(笑)

★★★ランキング参加中★★★

ポチっと押して下さると柴犬感謝なり(`・ω・´)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資関連
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました