スポンサーリンク

物流業界の話

雑記などなど
スポンサーリンク

柴犬です。

本日、関東に台風が直撃しました。

皆さん、大丈夫でしたか?

今日は自然災害などが発生した時の物流業界のリアルな現状をお伝えしたいと思います。

しばけん
しばけん

ほんとねぇ~ビックリするくらいかわいそうだよ?

スポンサーリンク

問屋と物流会社の関係

柴犬が勤めている会社は物流関係の業務を行っています。
商品を扱っている問屋から、出荷・納品に関する物流業務を委託しています。

※問屋とは・・・メーカーからの商品を店舗・拠点などに商品を卸す仲介業者

大手の問屋は、だいたい物流業務を物流会社に委託するのが主流になっています。
問屋は、メーカーからの発注・卸し先のお客さん(お店など)などの対応に力を入れるためです。

問屋と物流委託会社の力関係は、もちろん物流委託会社は問屋からお仕事を貰っているので
問屋の方が力関係は上ですね。

しばけん
しばけん

無理難題はデフォルトだよ?

自然災害発生時

自然災害発生時の業務内容。

「はい、いつも通り通常業務です」


「えっ?」って思いますよね?
※休みの連絡や遅れて出勤の連絡もありません(笑)

今回の台風もそうですが、関東に直撃するのをわかっていても朝から通常業務を
行わなければならない現実。

強風の中でトラックが走ると普通車と違い風を受ける面積が広いので横転の危険があります。
土砂降りの雨の中、トラックの荷台の上で作業し納品をしなくてはいけない。
トラックの後ろについているゲートは鉄やアルミで出来ているものがほとんどなので
とても滑りやすくなっています。ドライバーは作業時に落下の危険性が増します。

センターでは、その日に出勤する予定の従業員の確認。
普通に考えて過去最大級の台風が来ている時に外出しないですよね?(笑)

冬には、大雪が降る可能性があります。関東の平野部は大雪が降ると交通網がマヒします。
その中でも、物流委託会社は問屋の指示によりトラックを出します。

何年か前の大雪の時の事です。
夕方から出発したトラック30~40台が納品を終えて戻ってきたのが次の日の
夕方だったって事がありました。

では、問題です。デデンッ!!

30~40台ものトラック(ドライバー)を、約24時間働かせてしまいました。
次の日の納品に行くトラック(ドライバー)はあるでしょうか❓

答えは・・・


ないです(笑)



「他の問屋さんが納品して、うちが出来ないのはクレームになる」との事です。

はい、クレームしてもらってください(笑)

柴犬は何十人もの従業員をかかえています。危険にさらすことは出来ないのです。

でも、中小企業は逆らえないのが現実なんですよね~(笑)

しばけん
しばけん

しばけんも、たまにはガツンと言っちゃうよ~

終わりに・・・

少し日頃の愚痴みたいになってしまいましたが、問屋は問屋で大変なのも事実。
出来る限りのサービスを提供する物流委託会社も、また大変なのも事実。
双方がwin-winの関係で仕事が出来れば良いのですが、それも現実的に力関係が
ある以上無理な話です。
物流業界に限らず、どの業界でもありえる話しですよね!?


仕事をするって大変ですね(笑)

しばけん
しばけん

しばけんも、何気に苦労してるんだぜ?


だそうです(笑)

★★★ランキング参加中★★★

ポチっと押して下さると柴犬感謝なり(`・ω・´)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

雑記などなど
スポンサーリンク
柴犬をフォローする
スポンサーリンク
柴犬の米国株

コメント

タイトルとURLをコピーしました